【この裏切り者ズラ〜〜〜】
ズラタン選手 某赤チーム移籍のお知らせ

選りに選って・・・赤チームとは・・・

じゃ、湘南戦で「大宮共闘!」と叫んだのは何だったのさ・・・

(逆にG○Rで「日本で初めて覚えた日本語は?」という問いに

 「大宮共闘!」

 と答えたらプチ祭りになりそうな気がするのは、私だけでしょうか。)






【今日は大熊大宮の総括】
昨年、見事なまでに大宮をぶっ壊した小倉に替わり、大宮の監督に就任した大熊清氏。

FC東京だけでなくワールドユース日本代表監督、さらにはA代表コーチ経験を持ったこともあり、非常に期待できるものでありました。昨シーズン後、下平、ノヴァコヴィッチ、そして赤チームに入ってしまったとある裏切り者が抜けた穴が多少残ったとしても、経験が豊富が故に、それをカバーするサッカーを展開するだろうという確信はありました。実際、家長とラドンチッチが加入し、中村北斗も加入しました。そして、カルニーニョスの復帰を含め、あとはシーズン入った中でどこまで追加補強していくかが焦点だったと思いました。

最初の2戦は連敗しましたが、新戦術が浸透しきっていない時間での連敗なので、大熊氏が微調整すればチームは調子を上げるだろうと思いました。そして川崎戦で初勝利を挙げると仙台戦は4−0の大勝に終わりました。しかし、

【4−0の仙台戦。好調と見せかけたカモフラージュ?】
仙台戦は大勝しましたが、この時の仙台はアーノルド体制がうまくいっていかなかったと感じました。現に、アーノルド氏はこの試合を最後に契約解除されています。そして柏戦では追いつかれながらドローに持ち込みましたが、浦和戦で痛恨の敗退。ここから、勝てなくなったわけですが、気になったシーンが一つ。

【ベンチ上の危機管理が欠如していた神戸戦】
神戸戦は先制されましたが、あの場面はマルキーニョスのシュートを何度も防いだ上で最後に押し込まれた形での失点になりましたが、この時、GK北野はマルキーニョスと接触した形で脱臼し負傷しました。ベンチでは清水慶記がウォームアップを急いでいるにもかかわらず、北野を起用した。ただ、神戸もそんなにシュートは打ってきませんでしたが、普段の北野ならキャッチングで抑えるシュートも、この怪我の影響でパンチングせざるを得ない状況に。最後はペドロ・ジュニオールに決められましたが、これも普段の北野なら最悪でもパンチングで出したシュートだったのですが、やはり怪我の影響で止められず失点。

つまり何が言いたいかというと、動きがおかしい時点で、なぜ慶記に替えなかったのか?

それに尽きると思います。

【迷走の果てに3バックへの移行、そして4バックへ・・・】
その前の柏戦@日立台含め、GWの新潟戦まで勝てなかった大宮。その間に、セレッソ戦でディフェンスを3バックに変更。これで最後の最後で失点しましたが勝ち点を獲得し、新潟戦でも引き分け。飛田給では勝ちましたが、埼玉ダービーでは浦和に惨敗。また4バックに戻しましたが、最終的にはナビスコカップは1勝もできずに予選落ち。この辺りから大熊氏の手腕に疑問というより、

「もっとできるはず」

と思うようになりました。そして7月にムルジャ加入後得点力は上がりましたが、先制される試合の連続で波に乗れず最終的に解任。このことは前回の大宮枠にも書きましたが、フロントの決断の遅さが最終的に降格に繋がったと言っても過言ではありません。

【次回はその前触れについても書きたいと思います。】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村


allstar_2014




よろしければ、クリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
にほんブログ村