a7f822f0.jpgまずは、三浦永理選手です。

(ご本人の許可を得て掲載いたしました。お忙しい中、ありがとうございます。)